ISA Sprocket
ISAISA topへBOLZEN

こだわりを形づくる。 ボルト、ナット、ワッシャといった細かなパーツに対して
どこまでこだわった設計・加工ができるかもまた
スプロケットと同じく、ものづくりの醍醐味といえましょう。
そんなISAの“こだわり”を形にしたのがBOLZENシリーズです。
 ボルトやナットをはじめとする締結用部品の多くは、各種の工業規格に基づいて作られた、いわゆる“規格部品”です。
 しかしながら、オートバイに使われているボルトやナットの多くは、一般機械用、家庭用、建築用などよりも強力で、頭部やフランジの形状も特殊なものも珍しくありません。
 にもかかわらず、例えばホームセンターでボルトを買ってきて、六角頭を六角穴付きに替えたり、メッキのボルトをステンレスのボルトに交換するユーザーが多いのは、見た目の良さ、錆びにくさ、整備のしやすさなどを求めてのことでしょう。
 ここで気をつけていただきたいのは、それら、一般に売られているボルトやナットなどの強度と精度です。どちらも、オートバイに使うには、あまりにも低い製品が多いのが現状です。
 そこでISAでは、 美観にこだわるユーザーはもちろん、競技用車両の軽量化を図りたいライダーのために、オートバイ用の締結部品として最適の形状を、極限の高精度で加工した締結用部品“BOLZEN”シリーズを開発しました。
超高精度で適材を加工。 材質は、チタン・ステンレス・アルミの3種類。
それぞれ、締結用部品に最適の特性を持った材料を用い
一般的なボルト&ナットよりもはるかに厳格な公差基準を設け
超精密な機械加工と表面処理を施しています。
 どんなに美しいデザイン、高精度な加工を施しても、材料が良くなければ“締結用部品”としての性能は満たされません。 そこでまずボルト、ナット、ワッシャなどをすべて機械加工(削り出し)で造るのにふさわしい材料を吟味。その結果、チタンは64チタンと呼ばれるTI6AL4V、アルミはA7055-T651材を使うことに決定しました。
 これらの材料を元に、正確な寸法管理が可能な総削りならではの公差設定をし、相手方の部品や脱着用の工具に対する“はめあい”を確実にしています。ボルトを指で回しながらメネジにねじ込んでいくときのスムーズな動きにも、ヘッドにレンチをかけたときのガタの少なさにも、座面が密着してからの軸力の高まり具合にも、精度の高さが感じられます。
 表面処理については、耐腐食性の高いチタンとステンレスは削り出し肌(一般的な磨きレベルの表面粗さ)のままとし、アルミには耐腐食性と表面硬度の向上を狙ったアルマイト処理を施しています。
 ISA・BOLZENシリーズの特徴は、材質や加工精度だけではありません。デザインもまた、他にはないユニークなもの。フランジ六角ボルトやバンジョーボルトの頭部にワイアリング用の穴と溝を加工したり、チタンのフランジ六角ボルトには大径フランジと小径フランジを用意するなど、機能と使い勝手を考え、贅を尽くした精緻な造り込みを行っています。
 複数メーカーのワークスマシン(MotoGP、WSB、WMX 他)用部品としての納入実績や、ロードレース、モトクロス、トライアルなどの競技用車両への多用も、単に軽くて強いだけでなく、加工技術に裏づけられた製品への信頼性の現われです。
 マシン本体と同じくらい、ボルト1本、ナット1個、ワッシャ1枚にもこだわるマニアの方々にも、ぜひお使いいただきたいパーツです。

品種別製品検索